きょうの古本 絵のない絵本

JUGEMテーマ:日々のこと

 

 

『絵のない絵本』アンデルセン著 矢崎源九郎訳 S27.8.15発行 H5.5.30 81刷

月が語ってくれる三十三夜の物語。
訳者の矢崎源九郎さん(Genkuro,Yazaki 1921~1967)
北欧の文学を翻訳された言語学者。俳優の矢崎滋さんのお父さんなんですね。
そして装丁は、串田孫一さん (Magoichi,Kushida 1915~2005)
表紙を見ていいなーと思い手にとったら串田さんの絵でした。
息子さんは俳優の串田和美さん。
四角形の大きさが現物と少し違います。
中央あたりのオレンジ色の正方形が核なんですが、
ひらべったくなってしまいました。